qrcode.png
http://yamesyakyo.jp/
モバイルサイトにアクセス!
社会福祉法人 
八女市社会福祉協議会
〒834-0031
福岡県八女市本町599番地
TEL.0943-23-0294
FAX.0943-23-0242
 

黒木支所(ふじの里内)

 

黒木支所からのお知らせ

黒木支所からのお知らせ
1
 
移送サービス運転ボランティア「一寸奉仕」研修会が開催されました!
2019-12-24
 八女市社会福祉協議会黒木支所では、交通弱者の方々への通院等の支援を行う「移送サービス事業(福祉有償運送)」に取り組んでおります。現在は、運転ボランティア「一寸奉仕」(会員18名)を中心に2台の車両で運行しています。また、移送サービス運転ボランティア「一寸奉仕」では、利用者の方々に安心してサービスをご利用いただくために、定期的に会員研修を実施されています。
 
 今年度は、12/4(水)八女市黒木地域交流センターふじの里にて、八女警察署より交通安全講話を聴講し、事故の多い場所、状況、注意する点などについて再確認しました。また、社協と会員で日頃のボランティア活動で気づいた点、改善すべき点などを話し合いました。
 
 「外出」に関する地域の課題は、今後も増々重要な課題になるものと考えられます。黒木町の中で、その一躍を担う移送サービス。利用者の方々や運転ボランティアの方々、そして町民の皆さまの声を伺いながら、暮らしを支えるサービスになるよう取り組んでいきます。
 
笠原地区福祉部会「笠原地区福祉のつどい」が開催されました!
2019-12-24
 12月7日(土)笠原地区では「第4回笠原地区福祉のつどい~笠原んこつは笠原んもんがしゅい~」(夢かさはら自治運営協議会 福祉部会 主催)が開催されました。当日は80名を超える参加者で賑わいました。
 
 今回は、①八女警察署の生活安全講話(ニセ電話詐欺や交通事故の状況と防止対策)、②黒木町エリア担当生活支援コーディネーターの講演(住み慣れた笠原で楽しく暮らしましょう)、③健康運動指導士による健康体操(いつまでも健康で生き生きと)、④お楽しみ抽選会、が行われました。
 
 この他、今年は民生委員児童委員改選の年でもあることで、新しい民生委員児童委員さんや福祉委員さんの紹介、これまで活動された民生委員児童委員さんの退任のあいさつもあり、地域の中での支援者のバトンがつながれました。
 
12/2レク交流会&忘年会が開催されました~在宅介護者の会黒木支部~
2019-12-02
 12月2日(月)八女市黒木地域交流センターふじの里で八女市在宅介護者の会黒木支部の「レク交流会&忘年会」が開催されました。
 
 今回は、八女市社協黒木支所にあるレクリエーション道具を使ったレクリエーション交流会。会員の皆さんでボールやスカットボールを楽しまれました。会員の方々には地域のサロンや老人クラブなどで地域活動に参加される方も多く、「地元のサロンでやってみよう」「子ども会でも使えるかも」などの声もありました。終了後は、お弁当を囲んでの忘年会。「オレンジ茶屋ひるよけ(黒木町認知症カフェ)に参加した時の話」や「自分も歳をとってくると、どんどん外に出るのが億劫になる」「行くかどうかいつも迷う。だけど、出向くと楽しい時間がある」「(要介護者や自分自身の)外出の機会をできるだけ作ろうとしている」といった話などが話題になりました。それぞれの心がけや様々な情報なども共有できた忘年会でした。
 
 八女市在宅介護者の会黒木支部では、8月に黒木町内の施設見学&懇親会も行われました。その他、八女市在宅介護者の会の学習会や研修などにも参加されています。
 
 興味のある方は、気軽に下記までご連絡ください。
 
【お問合せ】八女市社会福祉協議会黒木支所 0943-42-2131
 
串毛地区福祉部会で「買い物」をテーマに話し合いました
2019-11-22
 11月21日(木)八女市役所黒木支所で第2回串毛地区福祉部会が開催されました。
 
 今回は、民生委員児童委員の担当エリアごとにグループを作り、「買い物」をテーマに「地域での暮らしの中での買い物の状況」「現在、地域で行われている支援」「課題になっていること」「それに対してどうすればよいか」などを話し合い、グループごとに発表し合いました。
 乗り合いタクシー、JA福岡八女のジャフィー号、家族・親せきやご近所の方の支援、高齢者の方の車の運転、ヘルパーや配食サービスの利用など、様々な買い物の方法や今後課題になることの確認などができました。また、黒木地域包括支援センター、市役所黒木支所担当課、生活支援コーディネーター(社協)などから、乗り合いタクシーの車両小型化の動き、移動スーパー、地域の方からの聴き取りで得た行商などの情報提供も行われ、今回確認したことを考えながら、今後の地域での活動や暮らしの中に活かしたり、課題のある部分に対してそれぞれで取り組んでいくこととなりました。
 
大淵地区福祉部会で「地域の課題や地域資源」をテーマに話し合いました
2019-11-22
 11月11日(月)げんき館おおぶちで令和元年度第1回大淵地区福祉部会が開催されました。
 
 この日は、大淵地区の3サロンの合同サロンが開催され、演芸ボランティア「高雅会」による演芸や昼食会が行われていました。その終了後に行われた大淵地区福祉部会。通常、福祉部会の会合に参加する八女市社協黒木支所に加え、今回は市役所黒木支所担当課や黒木地域包括支援センターの職員も参加。民生委員児童委員や福祉委員、見守り連絡員などによる「見守りの方法と課題」、「サロンの現状」などが話し合われました。また、大淵地区で活動されている「いなかふぇ」の毎週水曜日の健康体操や年数回のバスハイク、配食サービスなどが話題となり、大淵地区にある地域資源の情報共有も行われました。
 
あゆみ保育園の園児の皆さんから勤労感謝メッセージをいただきました
2019-11-22
 あゆみ保育園(黒木町)のもも組の園児の皆さんからふじの里スタッフへ勤労感謝メッセージをいただきました。
 
 黒木地域交流センター「ふじの里」が黒木町の住民の方々の健康づくりと交流の場となりますよう、これからも取り組んでいきたいと思います。
 
 ありがとうございました。
 
【お問合せ先】
 八女市地域交流センターふじの里 42-3320
 八女市社会福祉協議会黒木支所  42-2131
 
 
 
認知症カフェ「オレンジ茶屋ひるよけ(第3回)」11/27(水)開催のご案内
2019-10-25
 
 くろぎまち認知症カフェ協力隊では、「認知症になっても、その人らしく、笑って過ごせるあたたかい地域づくり」「認知症を抱える方やご家族らと専門職らがつながりを持ち、交流と理解を深める集いの場と機会づくり」を目的に『第3回オレンジ茶屋~ひるよけ~』を下記のとおり開催します。どうぞ、お気軽にご参加ください。
※写真は、前回開催時の様子です。
 
(日  時) 11月27日(水)
                          14:00~16:00
              ※途中の参加・退席も可
(場  所) 豊岡コミュニティセンター
(参 加 費) おひとり300円(おやつ・飲み物代含む)
(内  容) リラックス体操とじゃがまんじゅう作り ほか
       (介護・福祉の専門職も参加していますので、気軽に
        ご相談いただけます)
       ※詳細は、別紙チラシをご参照ください。
 
 【お問合せ】くろきまち認知症カフェ協力隊
       (グループホームこよみ 担当:宮園・足立)
        42-4516
 
◆くろきまち認知症カフェ協力隊にご参加いただける
   黒木町内の介護・福祉・医療事業所も募集していま
   す。
 
※くろきまち認知症カフェ協力隊
 黒木町内の介護保険事業所、黒木校区民生委員児童委員連絡協議会、八女市役所黒木支所、黒木地域包括支援センター、八女市社協黒木支所で組織しています。
 
10/6(日)「豊岡地区健康ウオーキング&福祉のつどい」が開催されました
2019-10-07
 令和元年10月6日(日)、八女市黒木町の豊岡コミュニティセンターで「豊岡地区ふれあい健康ウォーキング&福祉のつどい」が開催されました。当日は、300名を超える豊岡校区の住民の方々が参加され、ウォーキングや演芸等を楽しまれました。
 
 「福祉ってたくさん耳にはするけれど、自分たちの暮らしにある福祉ってなんだろう?福祉ってどんなこと?優しいまちづくりの工夫が自分たちの地域にもある?」暮らしの中での福祉をあらためて考え、発見する機会づくりとして、福祉教材の配布とユニバーサルデザインを確認しながらまちを歩く「健康ウォーキング」が行われました。
 
 皆さんに説明する様々なマークは、民生委員児童委員さんが手書きで作成されたもの。クイズ形式で紹介されていました。「このマーク見たことはあるけど、詳しくはわからない」「このマークは初めて見た」「これ、○○○にあったばい」「あそこの歩道に点字ブロックがあったとは、今まで知らなかった」と、健康ウォーキングを楽しまれた皆さんから様々な感想や質問があり、民生委員児童委員さんが答えられていました。
 
10/5(土)「第31回黒木町社会福祉大会」を開催しました!!
2019-10-07
 10/5(土)、「第31回黒木町社会福祉大会」(主催 黒木町社会福祉大会実行委員会)を開催いたしました。昨年度は、台風の影響で中止となりましたが、今年度は晴天に恵まれ、たくさんの団体や住民の方々、そして学校や福祉施設の皆さまの協力のもと、盛会な大会となりました。 
 
 基調講演では、住民流福祉総合研究所 所長 木原 孝久 氏をお招きし、「住民流おつきあいのすすめ~助けられ上手になるために~」というテーマでご講演いただきました。地域の「世話やきさん」や「様々な関係」への気づきや支えあいの地域づくりに生かすこと、また、実は支え手を活かしている「助けられ上手」の勧め、などのお話は、黒木町の小地域福祉活動をさらに進めるたくさんのヒントを与えていただくものになりました。
 
 輝翔館中等教育学校の生徒による大会宣言、吹奏楽部による演奏、黒木中学校の生徒による赤い羽根共同募金活動は、若い力が福祉のまちづくりに関わっていくことの大切さを伝えてくれました。
 作品展示や食バザーでは、市内の福祉事業所や出店事業所の皆さんに盛り上げていただきました。住民の方々が介護や福祉をより身近なものとして感じていただければうれしく思います。
 
 チャリティーバザーは、市民の皆さまの協力のもと、民生委員児童委員や福祉委員の方々が中心となって物品を集めていただき、頂いた品を黒木町ボランティア連絡協議会の方々に販売協力いただき実施しました。そして、たくさんの方々にご購入いただきました。収益は、黒木町の福祉活動や今後の黒木町社会福祉大会の資金として大切に活用させていただきます。
 
 「そだてよう福祉の心、ひろめよう福祉の輪」を大会テーマとして開催された福祉大会。31回の歴史は、黒木町の今とこれからの「福祉のまち」を作っています。多くの皆さまのご協力、本当にありがとうございました。
 
「第31回黒木町社会福祉大会」(10/5(土))の開催のお知らせ
2019-09-06
 住民同士がふれあい、福祉のまちづくりを共に考えることを目的に
「第31回黒木町社会福祉大会」~手とつなごう福祉フェスティバル~
(主催 黒木町社会福祉大会実行委員会)を開催いたします。
 
 内容も盛りだくさんです。ご家族、ご友人お誘い合わせの上、ぜひご来館ください。
             ※昨年度の社会福祉大会は台風接近のため中止となりましたので、今年度が「第31回」となります。
 
 
【日時】 令和元年10月5日(土)9時30分~14時
 
【会場】 八女市黒木地域交流センターふじの里黒木町体育館
     
【内容】 (ステージイベント)
     ●住民流福祉総合研究所 所長 木原 孝久 氏 講演会
       テーマ「住民流おつきあいのすすめ~助けられ上手になるために~」   
     ●輝翔館中等教育学校吹奏楽部による演奏
 
                 
 
     (バザーなど)
     ●食バザー ●チャリティー物品バザー ●レクリエーション体験コーナー
     ●黒木町内の福祉施設作品展示
     
     (相談)
     ●しょうがい者相談コーナー  ●福祉総合相談コーナー
 
     (施設無料開放)※10:00~13:00まで
     ●「入浴」「トレーニングルーム利用」を無料開放!!
      ※上記以外の時間は、通常どおりの利用となっております。
     
     
        ※詳細については、下記の案内チラシをご覧ください。       
 
  
【お問い合わせ】
  八女市社会福祉協議会黒木支所(ふじの里内) ☎42-2131
1
<<社会福祉法人 八女市社会福祉協議会>> 〒834-0031 福岡県八女市本町599番地 TEL:0943-23-0294 FAX:0943-23-0242