本文へ移動

立花支所(かがやき内)

立花支所からのお知らせ

いろんな年代の方々で「八女の 立花町の ミライを描こう!」~八女市社協立花支所(令和5年度 暮らしと福祉の講座 in 旧大内邸)~
2023-11-30
チェック
どんなまちで暮らしたい?子どもや孫たちにどんなまちを残したい?
 11月18日(土)八女市立花町白木地区にある「白城の里 旧大内邸」で「令和5年度 暮らしと福祉の講座(立花支所)in 旧大内邸」を開催しました。

 今回は、やめスマ研究所さんを講師にお招きして、コミュニケーション・グラフィックを活用して八女市の、立花町の、未来を想い描くワークショップを行いました。最年少は0歳、最高齢は87歳と幅広い年代の方々にご参加いただきました。豊かな自然と町家づくりの屋敷と八女産の材料でつくられた飲み物とお菓子を味わいながら、和やかな雰囲気の中で様々な年代の方々がそれぞれに想い描くこれからの八女市、そして立花町を語り合い共有しました。
「きっと注文した商品をドローンが運んできてくれる時代になる」(80代)
「多様な動植物が住んでるまち」(60代)
「かぶとむしがたくさんとれるまち」(4歳)
「若い力が輝けるまち」(30代)
「八女は宝の山。伝統文化、自然、町並み、技術、そして魅力ある人たち。みんなが豊かな美しいまち」(50代)
「八女は名所や工芸品が多い。これらの歴史も人も自然も大切にしたい」(80代)
「みんなでも、ひとりでも、それがつながる。それぞれの価値観を大切にできるまち」(40代)
「きれいでたのしくてげんきがでるまち)(6歳)
「誰とでもあいさつのできる心豊かなまち」(60代)
「おいしいものを食べ歩けるまち)(80代)
 参加者の皆さんに描いていただいた「八女市の、立花町の未来」の作品は、立花総合保健福祉センターかがやきの正面玄関のロビーに展示しています。

 「交流」と「活動」の育まれるかがやきのシンボルになることと思います。

 
 八女市社会福祉協議会では、福祉の視点からの地域づくりにも取り組んでいます。どうぞ気軽にお声かけください。
 お声を聞かせていただくことが地域福祉を推進する役割の私たちの力になります。



【お問い合わせ】
八女市社会福祉協議会 立花支所
 電話 37-0036

 
「地域や団体の活動にスマホを活かす」~八女市社協「デジタルシニア講座(スマホ教室)」~
2023-11-30
チェック
 八女市社会福祉協議会では、スマートフォン等を活用することで、日常の暮らしをより楽しくし地域での活動をより良いものにしていただくことを目的に、10~11月にかけ八女市の各地域で「デジタルシニア講座(スマホ教室)」※ を開催しました。

※この講座は、総務省「デジタル活用支援推進事業」の補助で開催しています。

 立花町会場(立花総合保健福祉センターかがやき)でも多くの方にご参加いただき、インターネットの利用方法(安全に使うポイント)や地図アプリの利用方法、SNSの利用方法などを一緒に学ばれました。
 「分からない=なんだか怖い」と、便利だと知っているけどやったことなかった、何となくは使えているけど一度きちんと学びたいという皆さん。テキストを用いて基礎的なことから教えていただけるので、受講された方々からは「勉強になりました」「安心して使えそう」と高い満足度をいただけたようです。
 また、受講された方々の中には「シニアクラブ連合会立花支部の役員」の方々や立花町内の「地域の役員」をされている方、「サロン関係者」などもいらっしゃいました。

 「地域の役員の連絡がSNSでされているけど、私がやっていないからそれに参加できていない。代表からは『SNSを誰かに教えてもらってインストールしておいてください』って言われてる」「サロンの案内をチラシとSNSの両方でやっている。SNSをされる方が増えれば、案内の負担も減るし、その他の連絡も効果的になる」といったことで受講されたそうです。

 八女市シニアクラブ連合会立花支部におきましても、このデジタルシニア講座後に役員の「SNSグループ」をつくり、様々な連絡や参加の有無の確認、相談などに活用するようになりました。「まだ慣れないうちは、要件をご覧になっていただくだけで大丈夫」「とにかくやってみよう。しばらくすると慣れてくるよ」と、さすが積極的でおおらかなチャレンジ。この何でも楽しむチャレンジの意識が現在の八女市シニアクラブ連合会立花支部の様々な取り組みにつながっているように感じます。尊敬しかありません。


 Enriching our lives!
 
 Have fun for our future!


 限られた定員での「デジタルシニア講座(スマホ教室)」ですが、きっと八女市全域にいろんな変化が広がっていくだろうと感じました。


 八女市社会福祉協議会では、福祉の視点からの地域づくりにも取り組んでいます。どうぞ気軽にお声かけください。
 お声を聞かせていただくことが地域福祉を推進する役割の私たちの力になっていきます。

【お問い合わせ】
八女市社会福祉協議会 立花支所
 電話 37-0036
「みんなで料理しようか!」サロンで料理教室 ~高山しあわせ会(光友地区)✖ホクト株式会社(八女市)~
2023-11-22
チェック
 八女市立花町の光友地区の高齢者ふれあいサロン「高山しあわせ会」の活動のご紹介です。

 11月開催のサロンは「料理教室」。

 今回のサロンは、いつもの公民館を飛び出して立花総合保健福祉センターを利用。調理室(栄養指導室)を借りて、ホクト株式会社さまのご協力のもと「料理教室」を行われました。メニューは種類のきのこをたっぷり使った「和風ハンバーグ」や「スープ」、ひらたけの「まぜごはん」。サロンの参加者のみなさんで調理し、一緒に食事と会話を楽しまれました。

 今回の「料理教室」の企画は、「高齢になって男性がひとり暮らしとなったとき、ちょっとでも料理が作れるのとそうでないのとでは大きく生活が変わってくる」「だから、サロンで料理教室をしたい」という社協へのご相談がきっかけでした。
 「実現させたいですね」と何度か打ち合わせ。ホクト株式会社さまにご相談したところ、その趣旨を理解いただき、快く協力を申し出てくださりました。そして、サロンの参加者の方々にもそのことを話されると、「ぜひ、やろう!」「きのこの使い方も教えてくださるらしいよ」「せっかくなら、美味しいものを作って、みんなで食べよう」と皆さんノリノリ。
 
 先月のサロン(高山しあわせ会)から、同じ行政区のサロン未実施の「仁合区」の皆さんにも民生委員さんを中心に声をかけられ、サロン見学が行われていることもあり、今回も仁合区の方々にもご参加いただきました。

 当日はいつも以上に男性の参加があるなど、「やりたい」を叶えられた料理教室。私たちもその仲間に入れていただけてありがたかったです。

 ご協力いただきましたホクト株式会社さま、本当にありがとうございました。 
 

 八女市社会福祉協議会では、地域の高齢者ふれあいサロン活動を応援しています。どうぞ気軽にお声かけください。

【お問い合わせ】
八女市社会福祉協議会 立花支所
 電話 37-0036
「お手玉とお抹茶と地元の施設の方と」 ~吹春サロン(辺春地区)~
2023-11-22
チェック
 八女市立花町の辺春地区の高齢者ふれあいサロン「吹春サロン」の活動のご紹介です。

 11月開催のサロンは「お手玉づくりとお抹茶体験」。

 いろんなことに興味を持たれ、フットワークも軽くいろんなことにチャレンジされる、そして、たくさんの方々とのつながりを一つ一つ大切にされているサロン代表者さん。今回もお友達から教わられたという「お手玉づくり」を地元のサロンの皆さんでやりたいと計画。すると、また別のお友達から「茶道の先生を吹春サロンに連れてくるね」と、お抹茶体験が計画に加わる。そんなつながりで行われたサロン。

 たくさんの小豆を袋に詰めて手作りのお手玉が完成。「昔はようお手玉し寄ったの~ぉ。でくるやろかぁ」と言いつつも、皆さんお手のもの。若かりし頃のことも自然と話題になり、おしゃべりも弾む。ひと段落すると、次は抹茶が茶道の先生からふるまわれる。「こげんやって抹茶をいただくのはいつぶりやろか」「わたしゃ~嫁に来た時なりばい」と美味しい抹茶と和菓子に舌鼓。またまたおしゃべりが弾みだす。
 今回も多くの方がサロンに参加されました。なんだか参加者の顔ぶれがどんどん増えているような気がする。

 また、今回のサロンには、地元の介護施設のスタッフの方も見学に来ていただきました。
 きっかけは、立花地域包括支援センターが主催される「立花町ケアマネ地域連携会議」。社協職員も参加させていただく中で、地域活動の様子などを紹介させていただいたところ、「法人としても地域貢献をしたいが、どう地域とつながったらよいか分からない」「利用者の方々と地域のまつりに参加したい」と様々なお声をいただいたことから。
 「〇日にサロンありますけど、見学されます?」「ぜひ見学させてください」「では、サロン代表者の方にお話ししてみますね」といった会話からのつながりでした。介護施設のスタッフの方も一緒に吹春サロンを体験され、介護保険サービスや介護施設の説明をしていただきました。
 サロンの皆さまからも「施設のお話を聞けて良かった」「今度は、施設を見学したい」といった声もあるなど、普段、疑問に思っていることを尋ねられる機会なられていました。

 地域と施設がつながることでさらに地域力が向上する。

 様々な「つながり」の大切さを感じる今月の吹春サロンでした。

 八女市社会福祉協議会では、地域の高齢者ふれあいサロン活動を応援しています。どうぞ気軽にお声かけください。

【お問い合わせ】
八女市社会福祉協議会 立花支所
 電話 37-0036
「様々な選択肢があることを知る」 ~草場ふれあいいきいきサロン(光友地区)✖みどりの杜病院(八女市)~
2023-11-22
チェック
 八女市立花町の光友地区の高齢者ふれあいサロン「草場ふれあいいきいきサロン」の活動のご紹介です。

 11月開催のサロンは「みどりの杜病院の出張講和」。

 丸一日をサロンで過ごされる草場区の皆さん。
 朝は社協の貸し出しレクリエーション道具の一つである「スカットボール」で楽しまれ、お昼は支援者の皆さんが準備された料理をみんなで食べ、午後からはみどりの杜病院の原口院長先生をお招きして、在宅医療や緩和ケアなどについて学ばれる、盛りだくさんのサロン。こちらに通われる皆さんは、毎月、この時間を楽しみにしていらっしゃいます。

 写真を多く用いて分かりやすくお話しいただいた原口院長先生の講和では、聴講されたサロン皆さんから質問や感想などたくさんの発言がありました。
 「自宅で診療を受けることができるのですね。うちにも来ていただけるのですか?」「緩和ケアの印象が変わりました」「友人の家族がみどりの杜病院に入院されていました。とてもよくしていただいたと話されていました」などなどなど。そのすべての発言に優しいトーンで丁寧に応えられる原口院長先生の姿が印象に残りました。

 「正しい情報を知っておくことって大事ね。自分自身のためにも、家族のためにも、大切ないろんな人たちのためにも。」
 「いろんな選択肢がある。今ってそんな時代なんだね。」
 そう話してくださった参加者の方のことばもまた印象的でした。

 八女市社会福祉協議会では、地域の高齢者ふれあいサロン活動を応援しています。どうぞ気軽にお声かけください。

【お問い合わせ】
八女市社会福祉協議会 立花支所
 電話 37-0036
12/3(日)「令和5年度かがやき祭り」開催のお知らせ ~立花総合保健福祉センターかがやき~
2023-11-17
終了
12/3(日)令和5年度 かがやき祭り
 八女市立花総合保健福祉センターかがやきでは、「かがやきを『出会い』と『交流』の育まれる場所へ」をキャッチフレーズに様々なことに取り組んでおります。

 そして今回、コロナ禍で4年ぶりのリアル開催(令和4年度は「かがやき感謝祭ウィーク」)となる「かがやき祭り」を12月3日(日)に開催することになりました。「かがやき祭り」は、日頃ご利用いただいています方々への感謝とまだかがやきをご存じでない方々との出会いの機会として、私たちにとっても大切にしているイベントです。多くのご来場をお待ちしております。

 「令和5年度 かがやき祭り」
日 時  令和5年12月3日(日)
              10:00~16:00
開 館  9:00~16:00
(当日は16:00に閉館します。ご了承ください)
内 容
・司会&盛り上げ隊長
 FMやめパーソナリティ 木下晴菜さん
・ステージイベント
  NEW CHILDRENS(ダンス)
    10:15~10:45
  フォークデュオ五円玉ライブ
    13:30~14:00
・館内を練り歩くひょっとこ踊り
    10:45~11:00ごろ
・木のジャングルジムワークショップ
  (要申込み)
 午前の部10:00~12:00
 午後の部13:30~15:30
・スライムマン オリジナル
  クリスマススライムづくり体験
    10:00~16:00
・eスポーツ「マリオカート大会」
 午前の部10:00~11:00 
 午後の部13:00~14:00
・無料ストレスチェック
   &こころの健康相談
      10:00~16:00
・おいしい・楽しいマルシェ
    10:00~16:00
 ★カレー(ワイワイカレー)
 ★たこ焼き(タコヤキナッピー)
 ★うどん・からあげ(六白筑後店)
 ★スイーツ(さんふらわぁ) 
 ★コーヒー(HEART BREAK Café)
 ★整体(ぼぉすこ)
 ★ハンドマッサージ・首肩マッサージ
  (POLA八女)
 ★1DAYネイル(charmingoo)

・かがやきを巡るスタンプラリー
 コンプリートするとお楽しみ抽選会に応募できます。
 (抽選は後日)

【お問い合わせ】
立花総合保健福祉センターかがやき
 電話33-8555
▶みんなで組む木のジャングルジム(八女杉を学んで遊ぶワークショップ) ※要申込み  
~八女杉を学んで遊ぶワークショップ~
みんなで組む「木のジャングルジム」
byつながるツリーハウス

【時間】
 (それぞれ定員20名)
午前の部10:00~12:00
 ※満員となり、受付を終了しました。
午後の部13:30~15:30
 ※まだ空きがあります。受付中です。

【会場】 集団指導室
【対象】 3歳~小学3年生と保護者
【申込み】
▶eスポーツ「かがやきマリオカート大会」~この季節だからこそアツくなれ!~
~この季節だからこそアツくなれ!~
eスポーツ「かがやきマリオカート大会」


時 間
午前の部10:00~11:00
午後の部13:00~14:00

会 場    会議室
対 象  
子ども~高齢者まで
(どなたでも参加できます)
参 加  
 エントリー無料(随時) 何回でもOK
4名ずつ対戦し、1位になると景品プレゼント!
~おいしい!楽しい!もぐもぐ!わくわく!~
かがやき祭りのマルシェ

【出店】
・ワイワイカレー
・タコヤキナッピー
・六白筑後店
・HEART BREAK Café
・さんふらわぁ・ぼぉすこ(整体)・
・POLA八女
(ハンドマッサージ・首肩マッサージ)
・charmingoo(1DAYネイル)

【時間】10:00~16:00
【会場】かがやき駐車場(食べ物・飲み物)
   かがやき館内
   (ネイル・マッサージほか)
▶EV車でマルシェの電力を供給する(SDG’s) ~やめエネルギー ✖ NISSAN ✖ かがやき祭り~
EV車でマルシェの電力を供給する(SDG’s)
~やめエネルギー ✖ NISSAN ✖ かがやき祭り~

 今回、「やめエネルギー」さんと「NISSAN」さんにご協力いただき、EV車を使ってかがやき祭りのマルシェの電力を供給していただけることになりました。

 八女にそそぐ太陽からできた「八女産の電気」を八女で使う。

 環境にやさしいエネルギーを使ってマルシェを行います。
~スライムマン Presents~ オリジナル クリスマス スライムづくり体験
~スライムマン Presents~
オリジナル クリスマス スライムづくり体験

【時間】10:00~16:00
【会場】エントランスホール
【対象】どなたでも体験できます
【参加】無料です。予約不要。
▶無料ストレスチェック&こころの健康相談
障がい者グループホーム「スタートライン」(株式会社ラポート)さんにご協力いただき、「無料ストレスチェック&こころの健康相談」ブースを開設します。

唾液から簡単にストレスを測定できます。


どの年代の方も何かと忙しくしている時代。知らず知らずのうちにストレスを抱えているかもしれません。
「ちゃんと休息も息抜きもできているなあ」「もう少し休む時間を作ろうかな」
自身の状態を知ることで、これからの生活リズムやライフスタイルを考えてみる機会になるかもしれません。

この機会にいかがですか?

※写真は、きたやま祭りで実施された「無料ストレスチェック&こころの健康相談」の様子です。
11/30(木)かがやき祭り前前々会「かがやき寄席」の開催のお知らせ ~立花総合保健福祉センターかがやき~
2023-11-17
終了
11/30(木)かがやき祭り前前々会「かがやき寄席」
 八女市立花総合保健福祉センターかがやきでは、「かがやきを『出会い』と『交流』の育まれる場所へ」をキャッチフレーズに様々なことに取り組んでおります。

 「令和5年度かがやき祭り」の前前々日となる11月30日(木)、かがやき祭り前前々会「かがやき寄席」を開催します。どうぞ「笑い」の時間をお楽しみください。多くのご来場をお待ちしております。

 「かがやき祭り前前々会『かがやき寄席』」
日 時  令和5年11月30日(木)10:00~11:30
出 演  笑っ亭一門&金印亭紅雀
会 場   八女市立花総合保健福祉センター 大広間
参加費   無料(かがやき入館料のみ)
かがやき営業時間と入館料↓
https://yamesyakyo.jp/.../b_i.../block157_limit=10/p157=1...
対 象   どなたでも


【お問い合わせ】
立花総合保健福祉センターかがやき
 電話33-8555
11/25(土)~12/2(土)かがやき祭りウィーク(まちのコイン企画)「600ロマンで入浴(入館)無料」
2023-11-17
チェック
 八女市立花総合保健福祉センターかがやきでは、「かがやきを『出会い』と『交流』の育まれる場所へ」をキャッチフレーズに様々なことに取り組んでおります。

 「令和5年度かがやき祭り」の前の8日間を「かがやき祭りウィーク」としまして、期間中はまちのコイン600ロマンでかがやきを無料で入浴(入館)できます。まちのコインでつながる出会い。「かがやき」に来たことがある方もない方も、この機会にご利用ください。皆さまに合った「かがやき」の利用の仕方の発見につながるかもしれません。

 「600ロマンでかがやき入浴(入館)無料」
期 間  令和5年11月25日(土)~12月2日(土)
方 法  
かがやき受付で「まちのコインで入館します」とお声かけください。
この体験のQRコードを読み取っていただくと入館できます。

※なお、この体験は、期間中お一人1回限りとなっています。

【お問い合わせ】
立花総合保健福祉センターかがやき
 電話33-8555
「『地域行事を重ねる』『地域行事に外部の力を借りる』という工夫」 ~光友7区 ボッチャ大会&消防設備点検・放水訓練~
2023-11-07
チェック
 令和5年10月29日(日)、光友7区では住民交流「ボッチャ大会」と「消防設備点検・放水訓練」が行われました。

 コロナ禍で4年ぶりとなる住民交流スポーツ行事。以前まではグラウンドゴルフ大会を行われていたそうですが、今回は趣向を変えて「ボッチャ大会」を行われました。住民の方は、初めてボッチャをしたという方も多く、「やってみると、おもしろかった」「違うスポーツもおもしろい」と好評だったそうです。

 光友7区は、行政区単位での協議の場である「福祉ネットワーク推進委員会」を年2回実施されたり、行政区長さんや民生児童委員さんらがよく社協に立ち寄られ、情報共有などを密にしていただいている地域。
 今回の企画では「マンネリ化している行事を変えたい。社協の小学校等で行われている「福祉出前講座」で『ボッチャ』の記事を見た。あれをやってみたい」というお考えを、どう地域で実践するかということを話し合ったことから始まり、ニュースポーツ等を推進する「スポーツ推進員」さんやボッチャにも取り組まれている「八女市身体障害者福祉協会」さんなどのお力をお借りし、計画が進められました。

 また、初めての実施ということで、光友7区の役員さんも『ボッチャ』を知っていただきたいと、大会前に2回役員会にスポーツ推進員さんにご参加いただき役員さんたちに指導いただかれたそうです。また、当日も競技の進行をスポーツ推進員さんに担っていただき、役員さんたちはそのフォローに回るなど、入念な打ち合わせの甲斐あってスムーズな進行ができられたそうでした。
 また、ボッチャ大会終了後は、その流れで場所を地元に移しての「消防設備点検・放水訓練」。八女消防署立花分署さんや八女市消防団立花支団さんの協力のもと、自主防災組織の担当者を中心に多くの住民の方にご参加いただけた訓練となったそうです。
 これもまた、行政区長さんらの「地域防災のためには、まずは多くの住民の方に知っていただくことが大事」そのための「行事参加の促進」という目的が明確にあられることからの工夫だと感じました。

 過疎化や高齢化という課題はあっても、その中でどのような地域づくりを進めるか。「地域行事を重ねること」「地域行事に外部のお力を借りること」、光友7区の皆さんの活動やねらいに、これからの地域づくりの大きな一つのヒントを私たちも教わりました。

「熱くなっても『親睦』が目的ですよ!秋晴れと健康を楽しもう!」グラウンドゴルフ大会~八女市シニアクラブ連合会立花支部~
2023-11-07
チェック
※八女市では、令和4年度より「八女市老人クラブ連合会」から「八女市シニアクラブ連合会」へ名称が変わりました。
 
 秋晴れの令和5年10月31日(火)、立花町体育館グラウンドにて八女市シニアクラブ連合会立花支部「第30回グラウンドゴルフ大会」が開催されました。今大会には立花町の10単位クラブから約50名のシニアクラブ会員の方々が参加されました。

 「シニアクラブで『楽しむ』」「参加すると『ためになる』」を合言葉に活動されている八女市シニアクラブ連合会立花支部。今回の大会も「楽しみたい人が、参加できるときに参加しよう」と、参加人数にこだわらずに呼びかけられたものでした。
 開会式での立花支部会長の「目的は『親睦』です。調子の良し悪しやルールはおおらかに、とにかく楽しみましょう」とのご挨拶に、会場は明るく和やかな雰囲気に。
 様々なご事情で当日参加できなかった方もいらっしゃいましたが、八女市の保険事業コーディネーターの皆さまや社協担当職員も一緒にラウンドさせていただくなど、「親睦」を参加者全員で楽しみました。

 これからも八女市シニアクラブ連合会立花支部の活動を応援ください。

【お問い合わせ】
八女市シニアクラブ連合会立花支部
(八女市社会福祉協議会 立花支所)
 電話 37-0036
社会福祉法人 
八女市社会福祉協議会
〒834-0031
福岡県八女市本町599番地
TEL.0943-23-0294
FAX.0943-23-0242
1
6
4
4
0
8
TOPへ戻る