本文へ移動

立花支所(かがやき内)

立花支所からのお知らせ

「福祉委員の交代と見守り連絡員の活用」見守り体制づくり~光友7区福祉ネットワーク推進委員会~
2023-02-17
チェック
 行政区単位での地域住民の地域福祉から地域づくりを協議する場である「福祉ネットワーク推進委員会」。令和5年2月13日(月)に出ノ原公民館にて今年度2回目となる「光友7区福祉ネットワーク推進委員会」が開催されました。
 今回の協議のテーマは「光友7区における見守りの体制づくり」。光友7区では、民生委員や福祉委員による見守り活動のほか、見守り連絡員制度も活用され見守り体制を作られていますが、地域の構成員の高齢化や減少する中で持続可能なしくみづくりについて検討されました。
 「今は出来ている民生委員や福祉委員の選出だが、今後は厳しくなることも予想される。ご近所同士の助け合いを活かして、負担を軽減しながら強化する」「見守り連絡員や隣組長(班長)による見守りを地域のしくみにネットワーク化する」「行政区の役員や住民の方に福祉委員として話せる場が欲しい」「見守り連絡員制度の情報を共有するためには、個人情報保護の観点からも登録時にそのことの了承が必要となる。そのことを意識した登録を行う」「福祉委員が後退していくのは良いこと。経験者が増えれば、地域に理解者が増えていく」などなど、様々な意見が交わされました。
 八女市社会福祉協議会では、地域の協議の場である「福祉部会」や「福祉ネットワーク推進委員会」の活動を推進しています。開催時には、どうぞお声かけください。
【お問い合わせ】
八女市社会福祉協議会 立花支所
 電話 37-0036
「お香づくり体験」と「かがやき利用」~吹春ふれあいいきいきサロン~
2023-02-17
チェック
 八女市立花町の辺春地区の「吹春ふれあいいきいきサロン」の活動のご紹介です。

 2月の吹春ふれあいいきいきサロンは、八女市立花総合保健福祉センターかがやきでの開催。かがやきでの食事やお風呂などを楽しまれました。そして、今月のサロンのメインは「お仏壇の仏匠」さんを講師に招いての「お香づくり体験」。吹春ふれあいサロンの代表のつながりから開催された企画でした。材料を練り合わせて粘土を伸ばしたような状態にして抜型にはめて作る「印香」。穏やかな香りが部屋いっぱいに広がっていました。


【お問い合わせ】
八女市社会福祉協議会 立花支所
 電話 37-0036
クラブ活動でボッチャ体験 ~立花小学校:屋内スポーツクラブ/福祉出前講座~
2023-02-01
チェック
 立花小学校のクラブ活動(4~6年生)のクラブの一つである「屋内スポーツクラブ」。1月20日(金)の活動で「ボッチャ体験」が行われました。

 指導してくださったのは八女市スポーツ推進員の皆さん。みんなが体験できるようにと6チームに分かれてのリーグ戦。最終戦までどこのチームも優勝の可能性のある大接戦となり、参加した児童たちは一投一投に歓声と悲鳴?(笑)がまみれる展開を楽しまれました。また、当日は、次年度クラブ活動に参加する3年生たちもクラブ見学。上級生たちが優しくボッチャを教える場面もありました。

 「結構、上手く投げれたよ。」「投げる時、緊張した。ハラハラした。」「ボッチャは最後まで勝ち負けが分からないのがおもしろい。」「ボッチャはパラリンピックの競技。授業で習った。誰でも楽しめる。もっとしたい。」など、児童たちの感想を聞くと、楽しんでもらえたかなあと感じました。

 「ふ」だんの 「く」らしの 「し」あわせ = ふくし

 この体験が直接、福祉に結びつくものではありませんが、いろんなことを体験・経験しながら、福祉を身近に感じてもらえるようになったらいいなあと思っています。
 
 八女市社会福祉協議会では、地域住民の方々や児童(学生)に対する「福祉出前講座」を行っています。様々な福祉学習プログラムもご用意しております。誰もが安心して暮らせるまちづくり。私たちも皆さまと一緒に考えたい。このプログラムが地域づくりの一助になればと考えています。お気軽にご相談ください。

【お問い合わせ】
 八女市社会福祉協議会 立花支所
                        37-0036
2/18(土)「暮らしと福祉の講座」(立花エリア)を開催いたします!~旧上辺春小学校~
2023-01-30
お知らせ
 八女市社会福祉協議会立花支所では、立花町で行われている話し合いや地域のしくみづくりの活動事例を紹介し、日常の暮らしを豊かにするために、地域やそこに暮らす私たちに何ができるかを考えていただく機会として「暮らしと福祉の講座」を開催いたします。どなたでも参加できます。ぜひ、ご参加ください。

 開催日時  令和5年2月18日(土)13:30~15:00
 会  場  旧上辺春小学校  八女市立花町上辺春1080
 内  容  1地域活動の発表
       ①「地域と高齢者と子どもたち」
         八女市老人クラブ連合会立花支部 副会長 西島 志乃芙 氏
       ②「民生委員の訪問活動と地域によるごみ出し支援のしくみ」
         光友7区担当民生委員 深町 達郎 氏
       2意見交換
 参加対象  住民の方ならどなたでも参加できます。
       立花町内の行政区長、民生委員児童委員、主任児童委員
 その他
  当日は、へばる未来企画(辺春地域振興会議の下部組織)による「コミュニティスペース」が開催されています。活動の様子を見学いただけます。

【お問い合わせ】
 八女市社会福祉協議会 立花支所
                        37-0036
☆地域で子育て☆~みつとも保育園とシニアクラブ協働のもちつき大会
2023-01-17
チェック
 令和4年12月16日(金)みつとも保育園と光友地区のシニアクラブでもちつき大会を開催しました。
 
 これまで、みつとも保育園では、こどもたちと先生、保護者で開催していたもちつき大会でしたが、今回は、初めての試みでシニアクラブと合同でのもちつき大会を企画しました。
 「昔取った杵柄」との言葉があるように、地域のご高齢の方たちが培った、知恵や技術を若い世代のお父さん、お母さん、こどもたちに伝えたいとの想いがあり、みつとも保育園とシニアクラブで協議を行い、当日を迎えました。
 
 参加いただいたシニアクラブの最高齢者は、御年88歳。保育園のこどもたちの視点から、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、ひいじいちゃん、ひいばあちゃんの四世代が集まる賑わいのあるもちつき大会となり、こどもたちの「がんばれ、がんばれ」との声援が園庭に響いていたのが印象的でした。

 今回は、もちつき大会を通じて、みつとも保育園と地域のシニアクラブの方に交流いただきました。このご縁が地域の中で広がっていくように、地域のこどもたちとふれあいサロンなどとの交流も計画して行きたいと考えています。
 

【お問い合わせ】
 八女市社会福祉協議会 立花支所
                        37-0036
コロナ禍で停滞する地域活動「できることをみんなで考える」~北山地区地域振興会議 福祉部会~
2023-01-05
チェック
 12月3日(土)、北山地区コミュニティセンターで北山地区地域振興会議運営委員会が行われ、その中の福祉部会で地域の支え合いについての協議が行われました。

 新型コロナウイルスが猛威を振るこの3年間、様々な地域で住民がつながる機会、交流する機会が失われてきました。北山地区も例外ではなく、それまで行われてきた行事など中止せざるを得ない状況でした。しかしながら、北山地区地域振興会議では、地域住民の参画を推進しながら、「きたやま新聞」の発行や「ホームページ研修会」、地域の清掃活動、次年度に向けた準備など、コロナ禍でもできることを進められました。

 参考:北山地区地域振興会議ホームページ

 今回は、八女市社会福祉協議会から地域の現状や他の地域で行われている地域福祉活動などを紹介させていただき、女性・あらゆる世代の地域活動への参画の必要性や協議することの大切さなどを説明させていただく機会をいただきました。そして福祉部会では、北山地区の各行政区でグループに分かれて参加者による情報の交換や共有が行われました。

 「子どもが地域に少ない。子ども会の活動や子どもを対象にした行事が年々難しくなってきている」「小中学校の在り方についても、もっと若い世代の意見も取り入れたい。様々な年代の住民で協議するのがいい」「買い物の課題。北山地区にはとくし丸が来ている。辺春地区の取り組みも参考になる」「台風などの時の避難行動の体制づくりはある程度できている。隣近所で声かけあっている」「日常での見守りや助け合いも大事。小さなつながり(コミュニティ)が重要」「見守りの体制づくりと個人情報の取り扱いの整備がいる」「地域行事(左義長、グラウンドゴルフ、みそづくりなど)ではコロナの影響が大きい。ただ、人口減少や高齢化も影響している。どう工夫すればいいだろうか」など、様々なことについて、どなたもとても熱心に意見を交わされていました。

 八女市社会福祉協議会では、地域住民の協議の場である「福祉部会」や「福祉ネットワーク推進委員会」の活動を推進しています。そして、これからの地域づくりを住民の皆さんと一緒に考えたいと思っています。「福祉部会」や「福祉ネットワーク推進委員会」を開催される際には、どうぞお気軽にお声かけください。よろしくお願いします。

【お問い合わせ】
 八女市社会福祉協議会 立花支所
         37-0036
シニアクラブの見守り活動を地域の支え合いにつなげる~西原老人クラブ 高齢者ネットワーク推進事業研修~
2022-12-26
チェック
 12月18日(日)、西原区公民館で西原老人クラブによる「高齢者ネットワーク推進事業研修会」が行われました。

 「西原老人クラブ」は、今年度新しく設立された単位老人クラブです。これまでは老人クラブがなかった行政区でしたが、「高齢化の進む地域の中で高齢者の交流の機会が必要」と地域で協議され、地域の高齢者の方々に声をかけ組織化されました。会員の方は、現役でお仕事をされている方も多いそうで、活動は毎月第3日曜日とされています。「目的をもって作った老人クラブなので、地域貢献活動もしていきたい」と、時には社協職員に声をかけ、研修活動もされています。そして今回は「高齢者ネットワーク推進事業研修」ということでお招きいただきました。

 老人クラブの「高齢者ネットワーク推進事業」とは、全国的に実施されている「老人クラブによる見守り活動」です。今回は、事業の内容や留意点、見守りのポイント、相談を受けた場合の対応方法(民生委員・福祉委員・行政区長との連携や相談窓口など)、介護サービスや福祉サービスなど活動事例を交えてご説明しました。
 会員の方からも「民生委員や福祉委員の活動を知りたい!」「地域で具体的にどう連携すればいいの?」「地域における協議の留意点があれば教えてほしい」など前向きな質問や意見をたくさんいただくなど、西原老人クラブの皆さんの熱心さを心強く感じました。きっとこの取り組みが支え合う地域づくりの一役になっていくことと思います。今後のご活動に期待しています。


 八女市社会福祉協議会では、地域の支え合い・助け合い活動を推進しています。見守り活動やサロン活動、地域のネットワークのしくみづくり、交流活動など地域福祉活動について「話を聞きたい」「協議に参加してほしい」などありましたら、どうぞお気軽にお声かけください。

【お問い合わせ】
 八女市社会福祉協議会 立花支所
         37-0036
情報キャッチで「ボイスでトントン相撲」 ~草場ふれあいいきいきサロン~
2022-12-26
チェック
 八女市立花町の光友地区(草場区)の「草場ふれあいいきいきサロン」を訪問しました。

 今回の草場ふれあいいきいきサロンは「ボイスでトントン相撲」。新聞で他市の高齢者のつどいの場の活動でこのトントン相撲の様子が紹介されていたそうで、サロンでも楽しめそうとサロン支援者で話し合い、早速購入。今回のお披露目となりました。日常生活の中でも「地域の高齢者の方々に喜んでもらえるものはないか」とアンテナを張って情報をキャッチされるところがさすがだと思いました。

 草場ふれあいいきいきサロンは、平成16年から「草場ふれあいの家」としてスタート。当時は草場区のメイン通りの空き家を活用し、利用者がお料理を持ち寄って、一緒にみんなで昼食やおしゃべりを楽しまれている小さなサロンでした。利用者の増加や地域へのサロン活動への浸透から場所を草場区公民館に移され、現在の活動に至られています。

 声で土俵を動かし、相撲をとる「ボイスでトントン相撲」。「のこった、のこった」「「がんばれ、がんばれ」と思い思いに声を出し、1VS1の対戦を楽しまれるサロン利用者の方々。対戦結果をメモに取られる利用者の方もいました。新しいアイテムをGETされた草場ふれあいいきいきサロン。草場区の高齢者の方々にとって大切な居場所は、これからもあたたかな心と楽しさで溢れる場であり続けることだと思います。

 八女市社会福祉協議会では、地域のサロン活動を推進しています。レクリエーション用具の貸し出しやボランティア派遣の調整など、様々な形で活動を支援しておりますので、何かありましたらどうぞ気軽にご相談ください。

【お問い合わせ】
八女市社会福祉協議会 立花支所
 電話 37-0036
☆地域で子育て☆~北山保育所とシニアクラブの収穫体験の取り組み~
2022-12-26
チェック
 10月24日(月)北山保育所のこどもたちと北山地区上ノ原の悠悠会(シニアクラブ)合同の芋ほりが行われました。
 
 上ノ原のシニアクラブの皆さんは、地域のこどもたちに喜んでほしいとの想いから、芋や大根など季節の野菜を栽培し、収穫体験を北山保育所のこどもたちと一緒に取り組まれています。芋ほり当日は、こどもたちが芋をほりやすいようにと「あー腰がいたか」「きつかばい」と言われながらも、こどもたちの笑顔の収穫体験のために畑を耕しておられました。

 こどもたちが、畑に来ると「大きな芋がとれた」「おじちゃん、おばちゃん手伝って」「見てみて」と大喜び。この喜びに応えようとシニアクラブの皆さんも大忙しの様子でした。芋ほりもひと段落したところにで、年末に収穫する予定の大根の畑を見学され、小さな芽が出た大根を不思議そうにこどもたちが見つめていました。

 収穫体験後、シニアクラブの皆さんは「こどもたちの笑顔を見るとうれしか」「疲れがふっとぶばい」とお話しされ、こどもたちのための取り組みを通して、自分たちが活力や元気をもらっているとのことでした。こういった地域の中での、支えあいの好循環が、地域共生社会につながっていくのではと考えます。

【お問い合わせ】
 八女市社会福祉協議会 立花支所
                        37-0036
地域の居場所づくりを応援します(旧上辺春小学校の開放) ~へばる未来企画~
2022-12-02
チェック
 11月19日(土)「へばる未来企画」(辺春地域振興会議に属する住民有志組織) が主催する第2回目の旧上辺春小学校開放イベントが行われました。

 このイベントは「何もないけど、ゆったりと思い思いの時間を過ごしてもらえたらいい」、また「実際に施設を見ていただき、活動をイメージしながら活用方法を考えていただきたい」といった目的で、10月よりスタートし、毎月第三土曜日に開催される計画です。旧上辺春小学校のホールをコミュニティスペースとしてゆったりとおしゃべりを楽しみ、移動図書館で本を借りたり、出張店舗でお買い物もできます(協力 グリーンコープ)。

 この旧上辺春小学校での取り組みは、地域の居場所づくりとしてモデル的な取り組みになるのではと考えます。
 懐かしい旧上辺春小学校の様子を動画にて振り返り、思い出の小学校での地域の居場所づくりを一緒に応援してみませんか?

 へばる未来企画が発行する通信と動画の閲覧は、こちらをクリック下さい

社会福祉法人 
八女市社会福祉協議会
〒834-0031
福岡県八女市本町599番地
TEL.0943-23-0294
FAX.0943-23-0242
1
6
4
4
0
9
TOPへ戻る